成約事例 《M&Aの交渉を陰でサポート》

2016年07月16日

中小企業同士のM&Aが活発です。

特に、現場にいる中小企業経営者は、肌感覚でそのことを実感されている

のではないでしょうか。

 

さて、先日お客様同士でのM&A交渉によってディールが成約致しました。

弊社は交渉の表舞台には一切でませんでした。

会社の譲渡を検討されている(売手)側の相談窓口としてサポート致しました。

 

お客様が、お困りになったとき、どうしてよいかわからないとき、相手方に何と

言って条件交渉に臨めばいいのか、又契約書内容の確認依頼などなど。

 

ご相談・ご依頼があったときにだけ対応を致しました。

もちろんワンポイントアドバイスも。

結果、良いご縁となりました。

 

この場合、弊社へお支払いいただく報酬は、

一般的なM&A成功報酬に比べると比較にならない程の低料金となります。

いわゆるタイムチャージ的な業務報酬になります。

 

これからの時代、セオリーに従ったM&Aでなくても

お客様のスタイルに合わせ、カスタマイズされた新しいスタイルのM&A

ビジネスがあっても良いと思います。

 

ただご注意頂きたいのは、相手方の顔が見えないなかでは、

相手方の真意(本心)がどこにあるかを汲み取ることができません。

一歩間違えると間違ったアドバイスをするリスクが発生します。

 

依頼主側の要望だけを聞いてM&A交渉のサポートをするということは、

それだけ高いスキルと経験が必要になります。

 

今後、M&A業者を選択するにあたっては、トラックレコードとか経験値を

確認されるとよいでしょう。

 

《お客様同士のM&A交渉にご関心のある方は、

辻松までメールでお問合せください。》

tsujimatsu@mabiz.jp

辻松 律男